不動産を高く売却する為に最低限すべき事

1、必ず複数の不動産屋に見積りをとってもらう

基本です。「あいみつ」をとるのはビジネスでは当たり前の事。
大きなお金が動くので、複数の不動産屋さんに査定してもらいましょう。
また、複数に査定もらうと売却する際の相場が分かるのもメリットです。

2、高く売却したいなら、時間的余裕を持って

すぐ売却したい、と気持ちが焦ると、足元をみられがちです。

3、複数の見積りは、ネットの業者を賢く使う

不動産屋により査定に数百万円の差が出る事もあるので複数の見積りは必須。

ネットの不動産査定(無料)を利用する

不動産を複数の業者に査定依頼できるサービスがネットで人気です。

不動産の売却は情報が命です。
こういった査定サービスを賢く利用する事で保有不動産の正しい売却価格を知りましょう。


不動産売却のコツ

資産家にとって、不動産を売却するのは珍しいことではありません。
それなりのノウハウや相談相手を持っているために、損することはないでしょう。

 

反対に、大多数の人にとっては不動産の売却は一生のうち数えるほどです。
一旦家を購入したならば、ほぼ死ぬまでその家を所有する場合が多いので、不動産売却のコツは知られていません。

 

不動産を売却する場合、信頼のおける不動産業者がいれば助かりますが、みつけるのはなかなか大変です。
そこで、実際の価値がどうなのかは、不動産鑑定士に査定依頼すればわかります。
ただ、都市部での鑑定料はケースにもよりますが、査定に数十万円もします。

 

そこで、不動産価格を多くの不動産業者に一括査定してもらうという仕組みを利用するとよいでしょう。
ここで、客観的な価格を知ることができますし、納得のいく価格ならばそのままその業者に依頼して、不動産の売却を仲介してもらうこともできます。

 

ひとつの業者だけではなく、複数の業者に査定してもらうことが重要ですが、必要な情報を入力するだけでそれが可能なので、このようなサービスは有効です。

不動産売却は信頼できる不動産会社選びから

自分が愛着を持ってきたおうちや、先祖代々受け継がれてきた大切な土地を手放すには勇気がいります。
売却に関する手続きや実務はとても一人ではできない煩雑なものなので、信頼できる不動産会社を選ぶことがポイント。
といっても、何を基準に「信頼できる」といえるかどうかが分からないため、不動産会社を選ぶ時点でつまづく人も多いのです。
判断の目安の1つとなるのが、各不動産会社のホームページ。
物件情報がこまめに更新されていたり、常に新しい物件が紹介されているのなら、その会社に多くの人が売却を依頼し、物件がよく動いている証拠です。
逆に、古い物件情報がいつまでも掲載されていたり、不利な情報を小さな文字で記載している業者は、信頼度が高いとはいえません。

一括査定サービスの使い方

場所や条件など必要な事項を一回入力するだけで、複数の不動産仲介業者から不動産売却の査定価格を知らせてもらえるサービスがあります。
何日間かの間に複数者からの査定結果を得られるので大変便利です。

このサービスを使うことにより、所有不動産のだいたいの相場がわかり、買いたたかれたり、反対に強気に出過ぎて売却チャンスを失ったりすることなく、希望に近い価格でスムースに売却することも可能となります。

査定価格にはばらつきがありますが、数社から査定のメールをうけることによって最低価格、最高価格、中間の価格がわかるのです。

重要な点は、どの業者を選ぶかです。
査定価格が最高の業者が有利かというと、相場から離れたかなり高めの価格をつけておいて、取りあえず顧客を確保する場合もあるため、価格だけで決めるのはリスクもあります。もちろん、最高の査定を出した業者を選んで0Kな場合もあります。

見極めのコツはメールの文面にあります。
がっついた感じではないか、誠実な対応か、コンプライアンスを遵守しているか、などなどを察することができると思います。

そして、こちらから業者に連絡する際にはメールではなく、直接電話をかけて相手会社の雰囲気をつかむことが重要です。
最初に電話を受けた社員の受け答えがどうか、背後の声、担当者が誠実そうな感じか、などがチェックポイントだといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ